ドライブミュージックの巻 前編

カートリッジバッグ
HD & カートリッジバッグ

みなさん、こんにちは!

やー、本格的に暑くなってきましたね~。今日は小一時間散歩(もちろん仕事です!)しましたが、結構ハードでした。みなさんも、熱中症には十分お気をつけくださいね!

それでは、早速本題に行っちゃいましょう!

管理人の放浪記、夏スタートです

放浪記といえば、恒例となってきましたドライブミュージックからスタートさせちゃいましょう!

今回は2泊3日ということで、いつもよりCDを1枚ですが増量。というわけで、前、後編の2回にわけてみました。

CD
ちょっと、クラシックに!

それでは、画像左から

THIN LIZZY“LIFE(邦題ラスト・ライブ)”です。

残念ながらこのライブを最後に解散してしまうのですが、それもあってか、なかなか壮絶なものとなっています。まー、ゲイリー・ムーアが参加しているから(数曲だけですが)という理由で、あまり期待せずに購入したのですが、素晴らしい内容でした。フィル・ライノットはもちろんですが、なんといってもギターのジョン・サイクスにつきると管理人は個人的に思うわけです。ゲイリー・ムーアばりのマシンガンピッキングなど聴きどころ満載です!

これまた残念ながらバンドの中心人物であるフィル・ライノットが、帰らぬ人になってしまっているため2度と見ることができませんが、その意志を継ぎ残ったメンバーが“BLACK STAR RIDERS”と名前をかえ活動をしています。

最近発売になったアルバムも素晴らしいので、よかったら聴いてみてください。

そして、もう一枚は
THE BUTTERFIELD BAND“EAST-WEST”です。

バンド名のとおりポール・バターフィールド(ハーモニカ&ヴォーカル)を中心に結成されたホワイトブルースの代表的なバンドの1966年発表の作品です。管理人が生まれる前の作品、驚きです!

なんといっても管理人の興味は、このバンドに在籍するマイク・ブルームフィールドなのです。何度もスリーレッグスログには登場しているので、もうお馴染みですよね。

ポールのハーモニカも素晴らしいのですが、やはりマイクのギター、最高!!の一言なのです。一聴の価値ありです。良かったらこちらも、チェックしてみてください。

それでは今日はここまで、

後編につづく!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。