’15ウィンター 北関東ツアー第一弾スタート!

2ラインウィンターグローブ
2WG これからのシーズンに!

みなさん、こんにちは!

今日から、ようやく、ようやく!この冬のイベントレポートです。

まだ2週目のイベントが終了したばかりなので、どうにかこうにか追いついてきました。

もっと新鮮なうちにレポートをしなければなのですが、ご了承くださいませ。

そして、スタートということは!

画像の撮影にもしかすると、商品のそれよりも力を入れている・・・

いやいや、そんなことはありません。

素人仕事ですが、どちらにも力を・・・たぶん・・・

では本題!

ドライブミュージックのコーナーです!

前回と変わって今回は、ハードな作品で2日間を乗りきろう!という作戦です。

GUS G &リンチモブ
ハード?というよりマイルド?

両作品とも、最初に聴いた時はそんな感想でした。

しかし、お気に入りのギターリストの作品、悪いわけがありません!

まずは

GUS G.“ブランニュー・レヴォリューション”

1曲目の唯一のインストナンバー、ギター弾きまくり!お~!きたきたと。

その後は、様々なヴォーカリストが歌っていることもあり、メロディックでバラエティに富んだ曲で楽しませてくれます。

それにしても、ガスのメロディックなギターソロは最高です。たとえ、多少マイルド?な作品でも!

そして右が

リンチ・モブ“レベル”

バンド名通り、ジョージ・リンチが率いるバンド。

ブライアン・ティッシーの素晴らしいドラミングでスタートします。

ドラムの事はもちろん良くわかりませんが、この人の参加している作品のサウンドはどれも管理人好みが多いのです。おススメのドラマーなのです。

ドッケンの初期のころとまではいきませんが、ジョージのギターは切れ味抜群です。

KXMやT&Nなど最近の活躍には嬉しいばかりです。

そして、もう一枚

シン・リジィ
限定盤に弱くて・・・

シン・リジィ“ファイティング!!”

このバンドに興味をもったのは、ゲイリー・ムーアが在籍していたのでということなのですが、

数年前に再発、しかも限定盤で未発表曲つき、さらに紙ジャケ!これはということで、ゲットした数枚のうちの一枚。

今までのゲイリーがいないなら・・・っていう聴かず嫌い的な考えがふっとびました。

フィル・リノットのヴォーカル、スコット&ブライアンのツインギター、素晴らしいではないか!と。

これもすべて限定&紙ジャケのなせる業。そうでなかったらこの素晴らしい発見はなかったかもなのだから。

紙ジャケに感謝!

なんだかよくわからなくなってきましたが、

この3作品をセットし、気分上々で北関東ツアー第一弾スタートです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。