VAN HALEN三昧の週末!

ツーラインウィンターグローブ
2Lines Winter Glove

みなさん、こんにちは!

明日は、早くも北関東に旅立つ日。

週末のご予定は?宇都宮、太田にツーリングなんてどうでしょう!?

その際は、ぜひ!お近くの南海部品さんまで!!

と、宣伝させていただいたところで本題へ。

それは、ややこしいのですが先週の北関東の旅のレポート。

ということで、いつものコーナーから。

しかも、前後ともスピーカーのリニュアルを完了したRSで、それは、それは楽しみ!だったのです!!

ドライブ・ミュージックのコーナーです!!

タイトルの通り、今回はヴァン・へイレンのCDに絞りました。

何しろリニュアル後、最初に聴くならお気に入りのバンドでなくてはですよね!

しかも、ヴォーカルにはデイヴが復帰しているのですから!

サミーも、そのあとのゲイリーも個人的に好きなヴォーカリストではあるのですが・・・

やっぱり、デイヴ期が一番、グググッとくるのです!

ライヴ・イン・ジャパン
まずは、最近のライブ

ヴァン・へイレン“ライヴ・イン・ジャパン”

デイヴィッド・リー・ロスが戻って、2013年に東京ドームの公演の模様を収録したライブ。

当日、管理人もその場にいたわけですが、いまひとつ音響が悪いのかステージ上でなにをやっているのか分からなかったので、ライブ作品が発売されるのを心待ちにしていたのです。

そうしたらどうでしょう!まさか、東京ドームでのを発表してくれるとは!で、早速ゲットした一枚です。

それに、デイヴ期のライブは公式で発売されていなかったので、(今年の6月までは・・・その話は後程に。)貴重ですよね。

手直しも一切していないとのことで、当日そのままの演奏を聴けるし!

それにしては、発売に時間がかかったな~と思いますが・・・

エディのギターが最高なのはもちろんのことですが、デイヴのヴォーカルも全盛期のころとはいかないまでも味わい深いモノでした。

ただ一つ、ん~と思ったのがジャケット、この船はなんなのでしょう?しかも、この船のイラストばかりでメンバーの姿は一切なし。唯一、会場の東京ドームの外観の画像があるのみ。それも、当日の画像ではないような。

視覚的にも、もう少し楽しませてよと。

続いては

VAN HALEN“LIVE TO AIR”
1982年の音源が!

“ライヴ 80’s”

今年の6月発売された80年代のデイヴ期のライブ作品。

そうです!「ライヴ・イン・ジャパン」リリースの数か月後、発売されたのです!!

公式音源というには、ほど遠い内容、録音状態ですがこれはゲットせねばとなった一枚。

♪ジャンプ♪でブレイクする前の勢いのある演奏がそれでも楽しめます。

生々しさでは、こちらの方がいいかもと思える作品です。

もしご購入されるのであれば、タワーレコードから発売されている限定仕様がおススメ。

なにしろ、♪オー・プリティ・ウーマン♪がボーナストラックとして入っていますので!

そんな最高のライブ2作品と、’15秋の北関東ツアーをスタートするのでした。

それでは皆様、また来週!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。