2000kmの旅“まずは”

ThreeLegs TrapeziumBag
帆布トラピジウムバッグ 発売中!!

みなさん、こんにちは!

いよいよ今日から数日にわたって、5日間で走破した“2000kmの旅”のレポートをしたいと思います。

ただ、あまりにもタイトなスケジュールを組んでしまったため、内容的には?な感じかもなのです。ちなみに、今回の旅のお供に持っていったカメラには、なにも残されていなかったという!ほとんどがスマホでという情けない状況なのでした。

ですが、社用車であるロードスターとの旅は、とても楽しいものだったことは言うまでもありません!

それでは、なんといっても放浪記と言えば、お馴染みの~、自己満足の~、これからスタート!

今回のドライブ・ミュージックのコーナーです!

ハードな奴を中心に
2000kmという事で

CDチェンジャー(もうこれって古い?)に入れられる最大の枚数6枚を。

新作から数年前のものまで。

このチョイスが、旅に出る前のちょっとした楽しみだったりするのです。

ただ、6枚すべてをご紹介するのは、あまりにもしつこいかな~と思ったので、その中から数枚紹介しましょう!本当は全部・・・

ハードな奴を中心に
今回の選りすぐり!

それでは左から右回りでいきましょう!

まずは、発売を待ちに待っていた

EUROPEの新作“WAR OF KINGS”

10年前の再結成から、毎回新作が出るのを楽しみにしているわけですが、今回もバッチリ楽しめる作品でした。

ジョーイ・テンペストのヴォーカルは相変わらず素晴らしいし、管理人にとってはなんといっても、ジョン・ノーラムのギター、とくに最後のインスト“VASASTAN”、いや~良かったです!素晴らしかったです!!ゲイリー・ムーア亡き後、それを引き継ぐのはジョンだと!!

おっと!ちょっとあつくるしくなってしまいましたかね。

とにかく、今回もそのぶれることのないサウンドがグッド!でした

続いては

BRUCE SPRINGSTEEN “WRECKING BALL”

1曲目の“WE TAKE CARE OF OUR OWN”のイントラから、これぞブルース!と最高のスタート、そのまま全曲通して楽しめる素晴らしい作品です。

最初はギターに、トム・モレノが2曲に参加って聞いた時には「おいおいマジかよ」なんて思いましたが。なにしろあのレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギターリストなのですから。

しかしこれが、以外や以外、あの変態ギター(ファンの方、すみません。でも管理人もファンです。一応)が、あのワーミィーなサウンドが、あっているではありませんか!

しかも、2曲ともスローなナンバーに!

なので、ブルースも気に入ったのか次の作品“HIGH HOPES”でも参加しています。さらに多くの曲で!

紙ジャケなのはいいのですが、中途半端な大きさがちょっとばかり置き場所に困る作品、これもまたグッドです。

そして最後が問題のあのグループ

VOODOO CIRCLE “MORE THAN ONE WAY HOME”

以前もこのブログで紹介させていただいている、雑誌の評価などが異様に低いバンドなのですが、

今回はなんとほとんどホワイトスネイクという作品。そりゃ~また叩かれますよ~という作品。

しかし!管理人的にはグッドなのです!

こんな言い方をするとあれなのですが、ホワイトスネイクより、よりホワイトスネイクらしい!

ヴォーカルがデイヴィッド・カヴァデールにそっくりな声質、年齢がかなり比べると若いのだから当たり前なのですが、そのヴォーカルはのびやかでパワフルなのであります。

もちろん、ギターのアレックス・バイロットも冴えていますし!

そんなわけで、いろいろ言われているバンドではありますが、管理人的にはおススメなのです!!

と、すっかり長くなってしまいましたが、ご愛読ありがとうございます!

本編はもっとコンパクトにしますので、この後も「2000kmの旅」チェックしてください!

えっ?!

「本編をもっとまじめに書け!」ですって?!

それはーーまー、まー、まー・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。