ディアスキングローブ PART-1

DSC_0027 (470x298)

GW期間中に行いましたイベントにたくさんのご来場いただき大変ありがとうございました。

また、お声をかけていただけたり、商品を気に入っていただき、まだまだ無名のブランドであるにも関わらずご購入いただいた方、本当にありがとうございました。

お得意先様のご協力、商品を使用していただいているユーザー様あってこその弊社商品なのだと、強く実感させていただけたイベントでした。今後もどんどんイベントに参加しますので、お気軽に遊びに来てください。よろしくお願いします!!

それでは、本日は新商品でありますディアスキングローブの紹介をします。

ちょっと、長くなりそうなので、今回はPART-1になります。

まず、鹿革の何がすごいのかというところから説明したいと思います。

東大寺正倉院には鹿革製のものが保存されていますが、千年以上を経た今でも柔軟性と色彩の両方が保たれているそうです。もちろん最高の保存管理をしているのもあるのでしょうけど、こんな話を聞いただけでも、鹿革はすごいものだと感じられます。

牛革だと数年間手入れをしないと、硬化するのはもちろんのこと、色あせてもいきます。どれだけ私も使わずにほったらかしていた革製品をこのようにしてきたことか。

あっ!私の恥ずかしい話はどうでもよかった。

では、なぜ鹿革はこれほどに優れているのでしょう?

これは鹿がほかの動物とくらべ、皮の繊維が非常に細く、なんと直径15mmの管に一千万本も入る細さ。ちょっと想像できませんね。こんな超極細繊維がより集まって一本の繊維束となり、その繊維束が密に織り重なった構造だからなのです。

まー、難しいことはこの辺にして、PART-2では、実際、鹿革製品を使うとどんなメリットがあるのか、書きたいと思います。もったいぶって、申し訳ありません。

これ以上長い文書を書くと、私の頭から煙が出てしまうので・・・。

ディアスキングローブ
品番  G-1D13
価格  ¥11,000(税抜き)
カラー ブラック、ベージュ
サイズ M,L
素材  鹿革
日本製

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。