日帰り×2な週末ですが・・・

シリンダーバッグ
“旧車にも”なバッグ、発売中

みなさん、こんにちは。

今日も、昨日に引続き春のイベントレポートですが、

前橋、横浜を日帰りでめぐるという、

超早起きで、結構な距離を走破する2日間だったので

ドライブミュージックのコーナーからスタートです。

今回のドライブミュージック
3作品とともに

では、左の

ZZトップ“エル・ロコ”から、

結成10年目に制作された8thアルバム。

この後、スペース・ブギ・サウンドと呼ばれ大ヒットを記録するわけですが

この作品はその前のブルース色が強いころの作品。とはいっても、だいぶポップ感がありますが・・・

当時、その大ヒット作“イリミネイター”“アフターバーナー”に夢中になっていたころは、

なんだか地味だな~って感じたアルバムだったのですが、

こうして管理人も歳を経て、再発になったモノを聴いてみると、

その地味な、いやいや渋さが、

心地良く感じられる素晴らしい作品なのだなと。

同じように感じられて聴いてないという方は、一度さかのぼっていただくことをおススメします。

次は中央の

ドッケン“ブロークン・ボーンズ”

なんといっても、ギターのジョン・レヴィン。

ドッケンと言えば、ジョージ・リンチとなるかもなのですが、

リンチのギターから多大なる影響を受け炸裂する、レヴィンのギターも素晴らしいのです。

前作“ライトニング・ストライク・アゲイン”に引き続きおススメです。

あ~、でも最後にもう一度だけ、オリジナルメンバーで聴いてみたい。これが、ドッケン最後のアルバムという噂もあるので・・・

最後は

MR.BIG“・・・ザ・ストーリーズ・ウイ・クッド・テル”

メンバーにいろいろと大変なことがあったのですが、それを乗り越え発売された作品。

そんなことを感じさせない、いかにもな感じで安心して聴くことができます。

それにしても、

ポール・ギルバートのギターもなのですが、

ビリー・シーンのベースは凄まじいこと、凄まじいこと・・・

こんな3作品をセットし、

厳しい2日間の道のりも楽しいものとする管理人なのでした・・・

前橋編につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。